より本物のバストへ

より本物のバストへ

豊胸手術の技術は発展していて、昔に比べるとより自然に近いバストに仕上げることが可能となってきたのです。豊胸手術にも種類があり、よく知られている人工乳腺バッグ法をはじめヒアルロン酸注入法、脂肪注入法、光豊胸…などなど。

 

 

 

人工乳腺バッグ法に関しては、バッグと言われる異物を胸の中に挿入するため昔はよくマッサージしなければ固くなると言われていました。美容整形外科にもよるかと思いますが、人工乳腺バッグ法をして固くなりすぎて柱などに押しつぶしながらマッサージをした…なんていう体験をした人もいるようです。

 

 

 

技術が発展したおかげでそのようなトラブルは避けられるようですが、それでもマッサージは欠かせないそうです。しかし実際のところ、マッサージが面倒だったりすることもありますよね。そんな人にお勧めなのが、別名EUSとも呼ばれている体外式超音波です。

 

 

 

簡単に説明すると豊胸手術後に行う胸が固くならないようにする為の方法なのですが、この体外式超音波をすることでより本物のバストに似た感触が手に入るのです。今では豊胸手術のアフターケアとして定番となっている方法のようですが、脂肪細胞を変化させることで柔らかい胸に仕上げてくれるのです。

 

 

 

バストを大きくしたいけれど触った瞬間、豊胸手術をしたとバレルのはちょっと嫌だな…という人にはおススメですよね。多くの美容整形外科で取り入れられている方法なので是非、チェックしてみてください。