喫煙者は禁煙者よりもシワが多い

喫煙者は禁煙者よりもシワが多い

女性がタバコを吸う割合は男性に比べるとまだまだ低いですが、それでも喫煙所で吸っている姿やタバコを購入している姿は目に入ります。
その光景を見る度に、肌への負担が大きいのにな…と他人事ながら心配してしまいます。
もしかしたら肌への負担がどのくらいのものなのかを知らないで吸っているのかもしれません。
喫煙者、もしくはタバコを吸おうか迷っている、という人は今の事だけでなく将来の肌の事も考えてみてください。

 

そもそもタバコには、ニコチンなどの有害物質が含まれています。
これはガンや心筋梗塞など、命に関わる病気を誘発する原因にもなるのです。
そして病気以外にも肌の老化をも早めてしまうので、同年齢の禁煙者に比べると肌の悪化はすぐに分かるはずです。

 

喫煙をすることでコラーゲンの生成やホルモンの分泌を促すビタミンCが破壊され、肌に必要な細胞がきちんと行き渡らなくなってしまいます。
肌が老化すると重力に逆らえなくなりシワだけでなく、たるみも出来やすくなります。
シワやたるみは1つでも多ければ多いほど老け顔に見られるので、実年齢以上に思われてしまう恐れがあります。

 

喫煙者の顔つきには頬がこけたり、シワが増えたりといった特徴が現れる為、スモーカーズフェイスと称され呼ばれているようです。
もし自分がスモーカーフェイスなんて呼ばれたら…、良い思いをする人はいないでしょう。
例え自分が吸わなくとも副流煙を吸い込んでも喫煙者と同じ症状が出てしまいます。
予防する為には、喫煙者の傍には近寄らないのが1番です。