瞼のたるみ、その原因は毛抜きにある

瞼のたるみ、その原因は毛抜きにある

突然ですが、皆さんは眉毛の処理はどのように行っていますか?
定番としてはやはりカミソリ、それに毛抜きなどでしょうか。
しかしこの中に、瞼をたるませる処理法が隠れています。

 

カミソリや毛抜きは空いた時間に出来ますし、リーズナブルですよね。
学生にとっても眉毛の処理と言えば、この3つのどれかだと言っても過言ではないくらい定番のはずです。
しかし基本的にはどの方法も肌にとってはあまり良くない事です。
カミソリは肌への刺激が強く、乾燥しやすくなります。
そして特に注意してほしいのが毛抜きです。
毛抜きは、抜く時に皮膚を引っ張るのでそれが何度も繰り返されると癖となり、肌がたるんでしまいます。
年齢を重ねると次第に重力に逆らう事が出来なくなり、顔のたるみは首へ、首のたるみは体へと繋がっていくのです。
また、毛を抜いた毛穴は無防備になっているので雑菌が入りやすく炎症を起こしてしまう可能性があります。
ニキビや吹き出物が出来る原因にもなるので、毛抜きだけは絶対にしていけない処理法です。

 

毛抜きはもちろん、カミソリも使えないとなるとどのような処理法が好ましいのでしょう。
1番おススメなのはハサミでカットする処理法です。
毛抜きよりも生えてくる速度は早いですが、肌の事を考えるのであれば無難な方法と言えます。
またシェーバーも肌にはあまり負担が無いのでおススメです。
眉毛の処理法はハサミ、もしくはシェーバーを使うように徹底したほうが将来の為です。
それに毛抜きの場合、毛が生えてこなくなる事もあるので好きな形に整えたいと思っても出来ないと悲しい想いをしてしまいます。
今の事だけでなく、後先の事もきちんと考えましょう。