シワができる原因は?2

シワができる原因は?2

加齢や紫外線、ストレスなどのダメージによって、今あるコラーゲンが破壊されるのはもちろんのこと、コラーゲンを生成する工場、線維芽細胞の働きが悪くなってしまうのです。そうすると作られるコラーゲンの量は少なくなり、質も悪くなってきます。

 

 

 

このようなことで、肌を支える力が弱まって、シワやたるみができたりしてしまうのです。コラーゲンを失った真皮層に深く刻まれたシワはなかなか治すことができません。早めの対策が必要となってきます。

 

 

 

他にも、真皮ジワの一歩手前とも言える表皮のシワがあります。「乾燥ジワ」とも言われます。肌の水分が不足し乾燥することで、肌表面のキメが乱れ、細かなひび割れが起こる、それが表皮シワとなります。

 

 

 

表皮にできたシワはまだ軽症と言えます。保湿を丁寧にすることで改善することが可能だからです。しかし真皮ジワは一度刻まれてしまうとなかなか消すことができません。このようにシワができるメカニズムが違うわけですから、当然その対処法も原因に合わせて変えていかなければなりませんね。

 

テノールの効果は?